ご挨拶

代表取締役

社長

斉藤 紲男

広島の海が育てた一粒のかきを大切に…

 

牡蠣(かき)と言えば広島の牡蠣、澄み切った瀬戸内海の指定海域で育まれた最高の牡蠣です。全国的に美味しいと有名な広島牡蠣ですが、その中でも倉橋島海産の牡蠣は最新鋭のシステムを導入し、安全で安心のできる牡蠣をお客様にご提供しております。さらに、広島県産食品の認証制度「安心!広島ブランド」の認証第1号に選定され、トレーサビリティーで牡蠣の履歴も確認することができ、安心で信頼のできる安全な商品づくりを心がけています。


会社概要

商 号 倉橋島海産株式会社

 所在地

 〒737-1377 広島県呉市倉橋町747-5

TEL (0823)53-1535(代表)

FAX (0823)53-1313

代表者

代表取締役社長 斉藤 紲男

資本金

3,000万円

設 立

昭和63年8月16日

従業員

70名

事業内容

(1)牡蠣(かき)の養殖、加工、販売

(2)生鮮魚介類、冷凍食品の卸・小売

(3)水産加工食品の卸・小売

(4)冷凍食品の製造・加工販売


年間生産高

生鮮かき 700㌧ かきI.Q.F 200㌧

かきフライ 800㌧ スチームオイスター 150㌧

取引銀行

もみじ銀行呉中央支店

山口銀行呉支店

広島銀行音戸支店

広島県信用漁業協同組合連合会

主要

取引先企業

株式会社 シジシージャパンhttp://www.cgcjapan.co.jp/

 

COOP

http://jccu.coop/

 

株式会社 ニチレイフレッシュ
http://www.nichirei.co.jp/

 

マルハニチロ 株式会社

http://www.nichiro.co.jp/

 


沿  革

1962年(昭和37)年 5月8日

創業

広島県安芸郡(現呉市)倉橋町747番地において斎藤牡蠣養殖場を起こす

1962(昭和37)年   牡蠣むき身作業を開始し、市場出荷を営む
1975(昭和50)年

有限会社倉橋島海産として法人成する

商標を「大良」と決める 

1978(昭和53)年

同地に最新設備をもつ工場新設

品質管理の高度化、生産量の増大、衛生管理の徹底を図る一方、

生産、販売、産地仲買業務など、牡蠣を主力にその他の

魚介類加工品に関する業務にも進出

1988(昭和63)年 倉橋島海産株式会社を設立 
1997(平成9)年 冷凍食品工場を竣工し、最新鋭設備で衛生的な冷食フライ食品の生産を開始する 
2004(平成16)年

最新鋭牡蠣むきシステム(POP-パスカルオイスタープラント)設営

オイスターエキスの製造を開始する

2005(平成17)年

最新鋭牡蠣むきシステム(POP-パスカルオイスタープラント)増設

2007(平成19)年

HACCP認証

2008(平成20)年

HACCP新規追加(原料の受入から製品の出荷まで・冷凍かきフライ・冷凍むしかき・冷凍かき)

2010(平成22)年

最新鋭重量選別機の導入

2014(平成26)年

最新鋭X線異物検査装置の導入

企業理念

経 営 理 念

一. 我々は優れた食品加工技術に基づいた品質、味覚、安全ともに一流商品を提供し、社会の食文化の向上に貢献します。

一. 我々は、我が社をとりまく人々と誠意を持って協調し、積極性のある健全経営をめざします。

一. 我々は、自らの責任を自覚し、自己を偽らず、他人を偽らず、真に誠実な人間たることを旨とし、

  挑戦への精神を常に持ち、我が社に働く誇りと喜びを共に分かちあいます。

損得より善悪を優先

代表取締役 斎藤 紲男

※1 トレサ

トレーサビリティ(生産履歴)の略。倉橋島海産の牡蠣は、

広島県産食品の認証制度「安心!広島ブランド」の認証第1号

に選定されました。トレーサビリティシステムにより、生産から

流通までの生い立ちがインターネットで分かります。

 

※2 PSO

パスカル・オイスター(Pascal Oyster)の頭文字。

牡蠣殻の混入が少なく、細菌も少ない、清浄でおいしい牡蠣です。