広島の新鮮な生牡蠣・倉橋島海産株式会社

スペース 倉橋島海産株式会社 トップページトップページ お問い合わせお問い合わせ スペース
トップ
商品案内
通販サイト 商品紹介 圧力酵素分解技術 トレーサビリティー PSOPとは? 冷凍食品加工工程 HACCP 会社概要
アンダー
ノロウイルス対策
ノロウイルス対策
商品説明
■以下はノロウイルスと同属の代替ウイルス「ネコカリシウイルス(FCV)」での浄化試験結果です。
1)カキの浄化用水の殺菌は紫外線ではFCVを十分不活化できなかったが、電解海水ではカキの生理に悪影響を与えない塩素濃度で十分不活化された。
2)海水中でFCVは10℃以下で安定であり、20℃以上になると不安定になった。
3)カキの消化管内に存在する細菌がFCVの不活化に関与していることが示唆された。
4)カキむき身装置を使い、40℃、800気圧、5分間の高静水加圧処理を行うことにより、FCVの感染価が1〜2桁減少した。実数値換算では百万感染粒子単位で不活化でき、カキの浄化に有効な手段であることが確認された。
■これらの試験結果より、カキの浄化用水には20℃前後の水温の電解海水を用い、その後高静水加圧利用のカキむき身装置を使用することでノロウイルス浄化の可能性が示唆された。

※倉橋島海産ではこのすべての工程を実施しています

高静水加圧装置

商品案内
広島県産の生牡蠣の商品のご紹介
商品説明
広島の生牡蠣
トレーサビリティ(traceability)とは、 「食品の履歴遡及システム」 のことです。
倉橋島海産のトレーサビリティシステムでは「その牡蠣(かき)がどこで産まれ、誰が、
どんな環境で育ててきたものなのか」をご確認していただき、お客様が安心してお召し
上がりになれることを目的としています。

安心!広島ブランド認証マーク
トレーサビリティ
1.消費期限日を入力してください。
※半角英数で入力してください。
(例:2004/1/30)



2.ロット番号を入力してください
※半角英数で入力してください。


トレーサビリティー


広島湾が牡蠣養殖に
最適な理由


1.穏やかな地形・風波・潮流
2.牡蠣の生理機能に最適の水温変化
3.ほどよい塩分濃度
4.豊富なプランクトン

広島湾は以上の4つの条件をすべて満たす、 牡蠣養殖に最適の場所であり、 これが広島牡蠣のおいしさの秘密です。

…当社が採集している場所です。

指定海域…広島県告示で生食用牡蠣が採集できるきれいな海域です。

条件付指定海域…指定海域以外で生食用牡蠣として食べられる海域です。成育が良く大粒な牡蠣がたくさん採れます。

指定外海域…県の定める指定、条件付指定海域以外で採れた牡蠣で加熱使用しております。
検査室にて品質チェック
安心して食べていただく為にあらゆる工程から微生物汚染等の危害が発生しない様、
調査分析を行い、製造施設の環境をチェックし日常の衛生管理と従業員の指導を行うと共に
最終商品の検査を実施しています。
検査室にて品質チェック

食品自主衛生管理とは?
広島県は、食品事業者が食品関係法令を遵守し日々取り組んでいる自主的な衛生管理を 積極的に評価する制度を創設しました。
この制度では、第三者機関(県指定の認証機関)が県の定めた認証基準を満たしている施設を認証します。なお、認証された施設には、認証書と認証マーク(右の画像)が交付されます。
倉橋島海産株式会社は徹底した衛生管理を行い、お客さまへ安全で衛生的な商品をご提供しております。
食品自主衛生管理
食品自主衛生管理
認証マーク
ライン新着情報商品紹介トレーサビリティーとはPSOPとは冷凍食品加工工程企業理念会社概要企業リンクお問い合わせ求人情報
Copyright (C)2005 Kurahashijima Kaisan Co.,Ltd. All right reserved.
アンダー